読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブプロピオンで禁煙する記録@ilaa

ブプロピオン=ブプロン=ザイバン=ウェルブトリン。を使った禁煙のまとめ的な何か

もともとは"こちら"で禁煙記事を書いていましたが、禁煙以外の話題が殆どになってしまったので、
禁煙のエントリーはこのブログでまとめることにしました。

喫煙室の誘惑と自己催眠

禁煙3日目:ブプロピオンを飲み始めてから22日目:リセット一回

いい事。
・先週のリセット時にタバコが美味しく感じないことは分かったので禁煙が続いてます。
・人のタバコの匂いを嗅いでもタバコを吸いたくならないです。
以前に気合で禁煙したときは1キロ先のタバコの匂いでも分かるんじゃないかってくらい敏感になっていたので、とてもうれしいです。


悪いこと。
・目が乾きます。ブプロピオンを飲んで2,3日で出てその後ずっと続いています。
・便秘気味です。禁煙してから出てその後ずっと続いています。

 

以下自己催眠。

 

余談1

突然ですが、煙はコロイドです。
空気を散媒にしてタバコの粒子が分散しています。
粒子はちょうどいい大きさなので可視光を散乱します。
つまりタバコの煙は白濁コロイドです。
また、喫煙室には煙が充満しているため、
(喫煙室) ∈ (白濁コロイドが充満した部屋)
 が成り立ちます。またilaaの感覚定理より、
(白濁コロイドが充満した部屋) ∈ (気持ち悪いもの)
が言えるので、、
(喫煙室) ∈ (気持ち悪いもの)
が成り立ちます。
証明終わり。

喫煙室は(私にとって)気持ち悪いものです。(自己催眠)
なんて事を昼休み中考えていました。

昼休みはご飯を食べたら残りの時間は喫煙室に居たので、禁煙中の私はこの時間を持て余してます。
暇です。
タバコを吸わない人達は、大半がスマホで何かしてます。ネット社会です。
スマホで何をしてるのか気になりますが他人のスマホを覗き込む勇気はありません。
暇です。
自慢では無いのですが、ボケーっとして時間を潰すのは得意です。(謙遜)
普段なら、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくっていれば時間は瞬く間に過ぎ去っていきます。
でも今日はタバコをやめて空いてしまったこの時間をとても長く感じています。
暇です。
あとちょっと寂しい気持ちになってます。もうタバコ吸わないんだなって。
頭良さげに言うと「煙草は私にとってライナスの毛布だったのだ。」みたいな。
暇です。
明日からはこの時間も仕事しようと思います。
そして、いつもより早く帰ろうと思います。
暇でした。


余談2
以下全部うろ覚えです。間違っている可能性が非常に高いです。

タバコの先端(火がついている方)から出てる煙は薄い青色をしています。
青色の煙は太陽光とか白色の蛍光灯の下だと見やすいです。
それに対して一旦吸い込んで口から出てくる煙は白色です。
煙の色が見えるのは前述の通り、光の散乱によるものです。
散乱は粒子の大きさと波長の長さによりいつくかに分類できます。
タバコの煙の場合は粒子の大きさが可視光の波長より十分大きいのでレイリー散乱に分類されます。
光の波長の長さは 赤外腺>赤>緑>青>紫外腺 の順になっています。

つまり、薄い青色の煙は赤や緑に比べて青色の光を散乱していて。白色の煙は赤緑青を満遍なく散乱しているということです。
また、レイリー散乱の散乱しやすさは粒子の大きさの6乗に比例、波長の4乗に反比例します。

これらから分かるのは口から出てきた煙の粒子はタバコの先端から出てくる粒子より大きいという事です。
この粒子の大きさの違いは、一旦吸い込んだ粒子はタバコの粒子の周りに(体内で)水分が付くからだそうです。

最終的に何が言いたいかというと、あの白い煙はタバコの粒子+誰かの体液で出来ているということです。

ほら気持ち悪いでしょ?(自己催眠)
もう喫煙室になんて入れないでしょ?(自己催眠)
明日からは仕事しよう。(自己嫌悪)

余談2の余談。
他人の体液云々の話は目に見えないだけで普通に息をしてれば起きています。
吸い込んだ空気より吐き出した空気の方が湿ってるっていう当たり前の話です。
ただそれをタバコの煙によって可視化して改めて考えてみると・・・やっぱり気持ち悪いや。(自己催眠)